受験の準備期間

中学受験にチャレンジしようと思ったらなるべく早く取り組んだ方が有利になるのは間違いありません。 その為、私立中学校に合格するためには受験までの準備期間がとても重要になります。 しかし中学受験の準備期間に正解はありません。 例えば、小学校低学年の頃から中学受験を意識して塾に通わせるなど子供の教育に熱心になっているご家庭もありますし 小学校の6年生になってから、本人が将来を意識して中学受験にチャレンジしたいと言われてから、 慌てて中学受験の準備を行うご家庭も当然いらっしゃいます。

もちろん、志望している中学校のレベルによっても勉強に必要な時間も変ってきますので、 それぞれのご家庭に合ったスケジューリングが必要になってくるのです。 一般的には進学塾で受験勉強を行って中学受験に臨まれるようにはなっておりますが、 塾によってもスピードが変わっていますので一概に準備危難の正解はないのです。 ただ、あえて目安を提示するとすれば、小学四年生の春からになります。

丁度自我もしっかりとしてきて、自分から学ぶ意欲も現れやすい時期ですし、体力的にもついてきている時期ですので、 学校と受験勉強を両立する事も可能になります。 また、一般的な中学受験に必要な知識量を付けるのには最低でも2年以上かかるとも言われておりますので、 無理なくチャレンジできるのが小学四年生というタイミングなのです。

最新記事